305bbcaa.jpg今年のインフルエンザワクチンも予約が始まりだしています。 接種量や間隔が少し変わったようです。今年のワクチンについて、下田先生のお話です。

西鎌倉こどもクリニック 院長 下田 康介
2011年9月16日

今月(9月)からインフルエンザワクチンの予約が始まりました。今シーズンは、接種量と接種間隔に大きな変更があります。 従来は年齢によって4段階に接種量が設定されていましたが、今回から3歳未満が0.25mL、3歳以上が0.5mLと単純化されました。また、接種間隔も 2週から4週間となり、1週間隔では接種できなくなりました。ワクチンによる抗体をしっかり作りたいとの配慮からだと思われます。

さらに、北里研究所が製造し第一三共製薬が販売する予定だったインフルエンザワクチンが、国家検定前の自社内の検査で不良品が見つかり、全品出荷停止になりました。13歳未満の接種量増加もあり、シーズン前半にワクチン不足の事態が懸念されます。

インフルエンザの話題をもうひとつ。H1N1型のいわゆる「新型インフルエンザ」専用の迅速検査キットが発売されます。従来のA型キットによる迅速検査では、反応が出にくい場合がありましたので、早期診断に役立つかもしれません。

南半球の流行ではH1N1型が主流で、この「新型インフルエンザ」は今シーズンから「季節性インフルエンザ」のひとつになりました。東南アジアでは再び強毒性の鳥インフルエンザが流行し始めています。

とりあえず、かかりつけの先生とよく相談され、インフルエンザシーズンに備えてください。

なお、ロタウイルス胃腸炎に対するワクチン「ロタリックス」がこの7月に承認され、11月にも発売される予定です。生後2週から24週までの赤ちゃんが対象で、任意接種ですので、1回あたり1万円前後かかる予定です。

>>西鎌倉こどもクリニックのサイトへ戻る

>>西鎌倉こどもクリニックの記事一覧



2011年09月17日 │ コラム  │ コメント(0)│ トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コメントご記入の前に必ず >>ご利用にあたってをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※一度限りの受診の方はコメントをご遠慮ください。理由は >>ご利用にあたってへ。
※こちらはクリニックのサイトではなく、コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれた医療機関ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.