305bbcaa.jpg怖がることはありません! 中耳炎による鼓膜切開について、岩武耳鼻咽喉科医院の岩武先生にお伺いしました。

岩武耳鼻咽喉科医院 院長 岩武 博也
2007年09月

急性中耳炎で激しい耳痛がある時や発熱を伴う場合、滲出性中耳炎で治りが悪く難聴が改善しない時には鼓膜切開が必要となる場合があります。多くの方々は鼓膜を切るなんてとても痛いのでは?鼓膜に穴をあけたら聞こえが悪くなるのでは?穴はふさがるの?などの不安を抱かれると思います。
急性中耳炎で痛みを伴っている場合は麻酔の薬を入れたりする事で痛みや恐怖心を助長する事が多いので小さなお子様の場合そのまま切開した方がかえって楽にすませる事ができます。滲出性中耳炎の場合は麻酔液を耳の中にいれて微量の電気を流す方法で麻酔をすると無痛で切開することができます。切開の大きさは 1-2ミリですのでこれにより難聴になるという事はなく、むしろ中に溜まっている膿や液体を出せるので聞こえは良くなります。切開した穴は早いと1-2日、ほとんどの場合遅くても1週間でふさがります。
同じ病名でも年齢、中耳炎の程度、これまでの経過によって治療法は一人一人異なります。もし、鼓膜切開が必要と言われたらイメージで「切開は怖いから嫌だ」というのではなく、きちんと理由を聞いて納得した上で最善の治療を受ける事が大切です。

>>岩武耳鼻咽喉科医院のサイトへ戻る

>>岩武耳鼻咽喉科医院の記事一覧

2007年09月14日 │ コラム  │ コメント(0)│ トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コメントご記入の前に必ず >>ご利用にあたってをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※一度限りの受診の方はコメントをご遠慮ください。理由は >>ご利用にあたってへ。
※こちらはクリニックのサイトではなく、コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれた医療機関ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.