305bbcaa.jpg耳鼻科で小さなお子さんを受診させる時の心構えについて、岩武耳鼻咽喉科医院の岩武先生にお伺いしました。

岩武耳鼻咽喉科医院 院長 岩武 博也
2006年08月

「耳鼻科は怖いよ〜」というお子様や、「子どもを押さえつけるのでかわいそう」というお母様の声を時々耳にします。私自身も子どもの頃父親に耳や鼻の治療をしてもらうのが嫌だったのを覚えています。耳や鼻の奥はとても狭く、ちょっとでも動いてしまうと確実な診断や、適切で安全な治療ができません。ですからご家庭でお子様に「病気を早く治すために動かないように頑張ろう」とお話しして、年齢なりに治療の目的を理解するよう、協力していただくことが必要だと考えています。
どうしても動いてしまう時は、お母様にお子様をしっかり抱きしめてもらい、スタッフが頭を押さえることがあります。安全に治療をするために必要なことですが、終わった時「ごめんね」と謝ってしまうと、子どもは「悪い事をされた」と思ってしまいます。謝るのではなく、必ずお子様をほめてあげて下さい。我々もいっぱいほめるようにしています。そうすると、小さなお子様も少しずつ恐怖感が薄れてきて自分一人で治療を受けたいと前向きな気持ちに変わってきます。 スタッフ一同、お子さんとの信頼関係を大事にしていこうと心がけておりますので、お母様方のご協力をお願い申し上げます。

>>岩武耳鼻咽喉科医院のサイトへ戻る

>>岩武耳鼻咽喉科医院の記事一覧

2006年08月26日 │ コラム  │ コメント(0)│ トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コメントご記入の前に必ず >>ご利用にあたってをお読みください。
※内容によっては掲載できない場合があります。
※一度限りの受診の方はコメントをご遠慮ください。理由は >>ご利用にあたってへ。
※こちらはクリニックのサイトではなく、コメント欄でのお問い合わせには対応できません。
 当ブログは記事に書かれた医療機関ではなく、コソガイが運営しております。
 詳細は取材先へ直接お問い合わせください。コソガイへのご連絡はご連絡フォームへ。

Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.